気持ちい~。

気持ちい~。

 

わたしの彼氏は、「気持ちい~。」という言葉をよく使います。

 

暑い日、クーラーがガンガンに効いている部屋のベッドに横になって、「気持ちい~。」

 

お散歩しているとき、爽やかな風が吹くと、「気持ちい~。」

 

彼がお風呂に入ったと思ったら、浴室の中から聞こえてくる、「気持ちい~。」

 

そのことを彼に伝えてしばらくたった日、「がきこに言われて気づいたけど俺、一日で相当な回数”気持ちい~”って使ってるw」と言っていて、彼自身が今まで気づいてなかったことにびっくりしました。

 

初めのうちは、「いつも”気持ちい~”ばかり言っていて幸せな人だなー。」と思っていましたが、気がつけば、わたしも一人でいるとなどきに、ふと、「気持ちい~。」と発していて、いつの間にか彼の口ぐせがうつっていました。

 

例えば、ベッドの上で身体を伸ばしているとき、自然に「あ~、気持ちい~。」と言っている自分がいました。

 

身体を伸ばすなんてことは自然な日常の一部で、その行為をしてるとき、以前は特に何も考えていませんでしたが、勝手に出てきた”気持ちい~”の言葉を聴いて、「これは気持ちのいい行為だったんだ!」と、考えてみれば当たり前のことに気づかされました。

 

そうやって自分の「気持ちい~。」発言を追いかけていくと、毎日気持ちいいことがいっぱいあったのです。

 

ジムで運動して汗を流したとき、掃除をして部屋が綺麗になったとき、朝起きてカーテンを開けて朝日を浴びたとき…。

 

わたしたちは日常の当たり前の行為のことはあまり意識しませんが、少し考えてみると、小さな幸せで溢れているのです。

 

そんな素敵なことを気づかせてくれた、「気持ちい~。」が口ぐせの爽やか彼氏に感謝。

 

いや~~~、いい人に出会えたなぁ/////(デレ)