柴田陽子さん/「仕事と人生を『好転』させるルール」

柴田陽子さん/「仕事と人生を『好転』させるルール」

 

WOMAN EXPO TOKYO 2018 winterにて最初に参加した講演、「柴田陽子事務所」の代表、ブランドプロデューサー柴田陽子さんによる、「仕事と人生を『好転』させるルール」についてです。

このイベントの全体概要はこちらの記事に記載しています。

 

 

柴田さんは、ご自身の会社を「振り返れば”シバジム(柴田陽子事務所)”がいる。」という、強くてたくましい会社にされたいとのこと。

トークの内容や立ち振る舞いから、柴田さんご自身にもたくましさがあるな~と思いました。

 

 

この講演を聴き、心に残った言葉や、わたしなりに学んだことをご紹介します。

 

 

・成功のためにはあれこれしなければと思い、ここまで来た。

 

・会社にとって大切なのは、”理念浸透”、”プロフェッショナル育成”。

 

・一緒にやりきったら、自分も周囲も成長すると思い、仕事の依頼を引き受けた。

 

・リーダーは、相手の分野のある程度の知識と尊敬が必要。何を知っておけば相手に「~をしていただいてありがとうございます(単に”ありがとうございます”ではなく)。」が言えるか。

 

・出会った人に悪い評価をするのではなく、感謝の気持ちを持ちたい。

 

 

そして、講演テーマである、仕事と人生を『好転』させるルールとして、

 

 

①気配りは想像力

…モノゴト考えるとき、あらゆるシミュレーションをする。

 

②自分よりうまくやる人は必ずいる

…自責マインドを持つ。

何か壁にぶつかったとき、尊敬する人を想像し、「あの方だったらどんな風にするんだろう。」と考える。

 

③仕事とは自己成長の場

…職場は、お金や人の利害関係、スケジュール調整などをドリルのように訓練する場所。

親切、優しさとはどういうことか考え、許す、謝る、心を開く、信頼すること等を仕事を通して学べる。

④自分のモノサシを作る

 

の4つを教えていただきました。

 

また、パートナーと上手に関係を築いていく方法について。

 

夫婦でなにか言い争いが発生しそうなとき、その出来事について”想い”が強い方をリーダーとし、もう一人はアシスタントに徹する。

 

 

以上、わたしが学んだことでした。

 

この講演を通し、どんなときでも他者への気配りを忘れられない柴田さんの姿に、感銘を受けました。

 

みなさんも、周囲への気配りを忘れずに生活していきましょう!

わたしも意識していきます(´ω`*)!

 

それではまた!