「大好き」と思える部屋で生活しましょう

「大好き」と思える部屋で生活しましょう

 

わたしたちが毎日過ごす、『自分の部屋』。

ここを快適な空間にするだけで、幸せな気持ちで過ごすことができます。

 

掃除をを日課に

 

一日一回は、簡単な掃除をしましょう。

一番オススメの時間は、『朝、家を出る前』です。

朝はそんなに時間が取れないと思うので、毎日のコロコロ+掃除機で十分だと思います。

毎日掃除をしていても、コロコロについている髪の毛を見て、「髪の毛こんなに抜けるんだ!」とけっこうびっくりします(笑)

夜、疲れて帰宅しても綺麗な部屋を見るだけで、晴れた気持ちになれるので、毎日少しずつやっていきましょう。

 

トイレ掃除

 

わたしは、いわゆる自己啓発本もよく読むのですが、「トイレ掃除」をすることを薦めている本が多くて驚きます。

 

例えば、水野敬也さんの『夢をかなえるゾウ』。

わたしがダイスキな本の一つです。

有名なので、読んだことがある方もいらっしゃるとは思いますが、その中のガネーシャ(インドのゾウの神様)言葉を引用させていただきます。

 

「トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。そんなもん誰かてやりたないやろ。けどな、人がやらんことをやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。分かるか?好きなことをしろなんて自分ら言われてきたかもしらんけど─まあ好きなことするのも大事やけどな、それと同じくらい大事なんは、人がやりたがらんことでも率先してやることや。仕事できるやつらは全員そのこと知っとるで」

 

だそうです。

 

さすがにゾウ使いのわたしでも(ちょくちょくアピるw)、ゾウの神様は操ることはできないな…。(死ぬほどどうでもいい呟き)

 

人がやりたがらないことを率先してやる人が、果たして仕事ができるかについては、少し疑問が残るところではありますが(仕事が早い人は余計な仕事を外注したり、人に振るのがうまいとも思うので。)、人に感謝されることは確かですよね。

 

パナソニック創業者の松下幸之助や、ホンダの創業者である本田宗一郎さんも、トイレ掃除を大切にされていたそうです。

 

あまりにもたくさんの本に薦められるので、わたしも一日一回トイレ掃除をするようにしています。

 

ちなみに先ほど紹介した『夢をかなえるゾウ』、他にも幸せに生きるヒントがたくさん詰まっているので、まだ読んだことがない方は、ぜひ読んでみてください。

 


夢をかなえるゾウ
【Amazon】


夢をかなえるゾウ文庫版 [ 水野敬也 ]
【楽天】

 

 

ベッドメイキング

 

いくら部屋が汚くても、ベッドの上の布団がぐちゃぐちゃになっていると、意外とそれだけで部屋が汚く見えてしまいます。

逆に、多少部屋が汚くても、ベッドだけ整えれば、なんとなく綺麗に見えてしまうから不思議です。

朝起きて、行動をし始めてからでは後回しになってしまうことが多いので、朝起きてすぐにパパッとベッドメイキングしましょう。

 

自分の部屋を「一番好きな場所」にしましょう

 

自分の部屋が気持ちよかったら、外でイヤなことがあった日でも、帰宅するだけで、元気になれます

 

「住まい」は、その人の鏡であるとも言われています。

部屋を美しく飾り、日々掃除をきちんとすることは、自分を着飾り、化粧をすることと同じだ、とのことです。

 

たまのホテルステイなんかもすごく幸せですが、日々、小さな幸せを積み重ねていくためにも、自分の部屋を大好きな場所にしましょうね♪

 

 

それではまた!