会社や学校に行きたくないときの対処法

会社や学校に行きたくないときの対処法

 

あなたは、朝起きたとき、「仕事(学校)が憂鬱。。。」だったり、夜におうちで「明日仕事(学校)に行きたくない。。。」なんて思っていませんか?

 

そんなときの対処法をご紹介します。

 

 

行かない

 

「それができたら苦労しないよ~。」という声も聴こえてきそうですが、本当に無理なら、思い切って休みましょう。

 

確かに誰かに迷惑はかかるかもしれませんが、何より大事なのはあなた自身です

自分をすり減らしてまで大変な思いをすることはありません。

自分では休んでいることを気にしてしまいますが、周囲の人はほとんと気にしていません。

 

そして、休んだら一日自由時間になるので、後ろめたい思いは消し去り、羽を伸ばしましょう。

家に一人でいて、ネガティブになるなら、外出してくださいね。

 

そして、少しだけ今後どのようにすれば今のイヤな状態から抜け出せるか考えてみてください。

 

人生で本当にピンチになった場面では、ほとんどの場合、会社も学校も助けてはくれません。

自分を守れるのはあなた自身だけです。

 

ただし、マナーとして、休みの連絡はしましょうね。

 

 

とりあえず行ってみる

 

人は何かをはじめるまではいろいろと考えて面倒くさくなってしまうのですが、いざ行動をはじめてみると、案外こなせてしまうものです

 

わたしもたまに出社拒否モードになるときがありますが(笑)、「まぁとりあえず行くだけ行ってみてから考えよう。」みたいな気持ちでとりあえず出社しています。

 

こんな感じで行ったら、なんとなくスイッチが切り替わるので、現在の会社を休んだことは今のところありません。(笑)

 

 

終わったあとの楽しみを用意する

 

会社や学校のあとに、楽しみを用意して、それだけを目的に一日過ごすことも有効です

気軽に誘える仲間がいるなら飲みに行くのもよし、一人で大好きなものを食べるのもよし、マッサージや整体に癒されにいくのもよし!

 

とりあえず、めちゃめちゃ気分が乗らない日に、会社や学校に行った自分を褒めて、甘やかしてあげましょう。

 

 

モヤモヤを言語化する

 

朝、家を出るまでに少し時間があったり、夜であったりするのであれば、自分がなぜ会社や学校に行きたくないのか、紙に書き出すことをオススメします。

 

悩んでいる原因に気づいてないまま、モヤモヤした感情になっていることって意外と多いのです。

書き出すことで、スッキリすることもあるし、具体的な解決策を考えることにも繋がります。

 

 

無理は禁物

 

いずれにしても、無理をして自分が爆発してしまうことは避けましょう。

 

嫌なことばかりして、貴重な人生を無駄にしてはいけません。

 

人生は有限なので、せっかくならハッピーで溢れる毎日を送りましょう

 

そのためにも、日頃から自分と向き合う時間を作り、自分の気持ちに耳を傾けてくださいね。

 

それではまた!